看護師として単発で働くメリット

オリジナル見出し01

看護師が単発で働くのには、多くのメリットがあります。

まず、自分の好きな時に都合よく働くことができるということです。



正社員の場合ですと、残業が多く、定時に帰ることができなかったり、休みが少なかったりなど、仕事中心の生活になってしまいます。
その点、単発でしたら、時間や日にちの調整がしやすいですから、プライベートを優先しながらでも働くことが可能になります。



ですから、家事や育児などと両立したい人、趣味に時間を割きたい人などにとっては単発で働くことはとてもおすすめになります。



また、ブランクがある場合に、仕事に慣らすために働くこともできますし、副業や、転職するまでのつなぎとして働くことも可能になります。



その他にも、単発の場合ですと、仕事内容の選択肢も豊富で、夜勤専門や、採血専門、検診専門などのような仕事から、ツアーナースという、旅行に同行する仕事まであります。


これらの仕事の場合、病院勤務と比べて、複雑な医療行為は少なくなりますから、精神的な負担を感じることは少なくなります。



また、働く期間が定められているということで、長期の仕事に比べて人間関係の煩わしさがなく、気軽に働くことができるというメリットもあるでしょう。
看護師の場合、一般的に仕事は激務になりがちですから、体と心に大きな負担を抱えながら働いている人も少なくありません。



体調を崩してしまって、集中力を欠いたまま仕事をしてしまうと、重大な医療ミスにつながる危険も十分にあります。



そのような時に、ストレスなく働くことができる単発の仕事は、看護師にとって働きやすい仕事の形になるでしょう。



関連リンク

  • タイトル21

    ちょっとした時間の隙間を使って、看護師の資格を活かして働きたいなら、単発の現場を狙うと言う手もあります。ハローワークで探すよりは、仕事情報専門雑誌やインターネットから探した方が効率の良い場合もあるので、そちらから探してみると良いでしょう。...

  • タイトル22

    看護師が単発で働くのには、多くのメリットがあります。まず、自分の好きな時に都合よく働くことができるということです。...