看護師の夜勤アルバイトは高額の職業になります

オリジナル見出し01

看護師の夜勤アルバイトは、勤務日数を計算すると昼間の勤めを上回る高額の仕事になるのです。

総合病院などでは、入院患者を受け入れているため病床を100床から多い所では400床と設置しています。



経営上ホテルと同じで、ベッドの回転数が問題になるため、出来る限り空きベッドを無くそうと努力します。



常にベツドに患者がいる状態になるので、24時間体制で看護師の夜勤勤めが当たり前として運営されていきます。



看護学校を卒業した、若い人たちもスタート段階から夜勤を経験することになります。



その代わり、通常の月給の他に一日ごとに夜勤手当が付くので給料日の度に一喜一憂することになります。

体力のある若いうちは良いのですが、年齢とともに夜の勤務が辛くなります。



30代も後半になると、20代に週1日は引き受けていたものが、月に3度が限界となります。



そのうちに、看護師の人数に限りがあり、シフトを組むたびに、他の人に迷惑がかかるようになり、辞表を出すところまで追い込まれてしまいます。


病院としては、辞めてもらっては大変です。



このような事情が病院にはあるため、看護師の夜勤アルバイトを募集していところが多くあるのです。


常勤の人数にアルバイトとして加えられれば、シフトを組むときに常勤の日数が楽になるからです。
アルバイトではありますが、常勤よりも日数は少なく、月給は常勤よりも高額となるのです。



看護師の中には、自分のやりたいことが別にあり、時間を自由に持てる職業として割り切っている人もおります。

関連リンク